逆風のふく工務店業界、しかし工務店には長年培われた強みが色濃く残っていた

工務店とハウスメーカーを比べる

品質へのプライドこだわりの強さ

工務店の在り方として社長が大工さんで元々現場を経験していた人物が経営していることが多いですので打合せ時も建築への知識は間違いなく下手な営業マンより優れているでしょう。そして大工さんは仕上がりレベルを競ってライバルとしのぎを削ってきていますので仕上がりに関してのプライドを持っている方が多いです。
ハウスメーカーでは下請けの工事会社が下請けの職方に仕事を持ちかけるなど孫請け体制が主流なので現場の管理能力に関しては工務店の方が共有が早く品質に自信を持っていることが強みと言えるでしょう。またハウスメーカーの建売などと違い間取りの融通がかなりききます。家族の状況や、将来のイメージを具現化するのに自由度の高い設計が可能でしょう。

地域密着業者が長く続けられることの意味

工務店は営業所を最低限に抑え地域に根差した経営をしている業者が多くみられます。
同じ土地で同じ業者が長く経営を続けていくには地域住人に信頼されていないと難しいでしょう。その点を考えれば現在残り続けている業者がそれなりの優良業者であると思ってもいいと思います。ただ建築に携わっている業者にも関わらず事務所の内外がボロボロであったり片付いていない業者などは少し注意が必要かもしれません。
地域住人と業者との良好な関係を構築するのは家を建てるだけではありません。工務店が主催するイベント等で信頼関係が構築されることもあります。餅つき大会や相談会、お祭りなど。こんなイベントがよく行われているような業者はお客さん及び地域貢献への意識の強い業者であるとみていいと思います。


この記事をシェアする